ビーチフラッグ!!
役者 和田和馬の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/12/13(火)   CATEGORY: 日々のデート
みんながいる
日曜日、なぎさにゆこうの七里ガ浜版が無事に終幕。そのご報告です。

今週、お手伝いに行くことを約束しながら、風邪で稽古に参加できなかった。
個人的には悔しかった。
BBSにある通りの現実がある中での稽古と本番。
最期の稽古場を見ないわけにはいかない。見たいし、そこにいたいと思うし。

そして本番。
朝、SPIRALMOONの秋葉さんにビデオカメラをお借りする。
秋葉さんにはBBSの件などについてご心配いただくも、質問されたことにははっきりとした答えは返せずでした。申し訳ないです。

予定よりちょっと遅れて現場入り。

現場はやっぱり皆笑顔だった。

薄田さんをはじめ制作さん達(といっても皆さんなぎさ参加の役者さん)はわたわたと折込等。相川さんはカメラをセットしてくださっていて、夜勤続きで寝た東宮さんはキスをされてる(!?)中嶋さんと薄田さんの作る現場の空気だった。

本番の忙しさの空気に安心半分、半面、なんじゃあこりゃあ!という気持ち半分。そんなん本番がお客さんが大事なんだけど。
誰も触れない。でも、触れたら何かが壊れちゃう。そういう緊張感。
手足が微妙に震えてたのは寒さのせいじゃない。
公演を無事に成功させることはとても重要。演劇を志すエンターテイメントや表現の世界に生きる者にとってお客様がどれだけ大切かは少なからずわかっているつもり。絶対にお客様ありきの世界だもの。それがきちんとできた公演はやはりドキドキするし、楽しいし、美しい。そして、「よかった」と思う。
でも、実は重要な重要な情報がきちんと流れてこない。いや、混乱を避けて敢えて流さないでくれていることは考えが及ぶんだけど、どうしても何もできないが故、不安が膨らむ。それらを抱えて笑っている諸先輩方がどれだけ苦しいかもわかるのです。そして僕には何にも手が出せないのです。誰が悪いでもなく。
「WinterRose~あなたのいない世界で 或いは 冬の大運動会~」で大好きになって、ワークショップを受けて、いつしか稽古に参加して「十二月のウィッシュ・ボーン」の舞台に「切られる切られる」と言われながら立っていた。
役者として、劇団員として大事な大事な劇団P.E.C.T.がこれからどうなるのか、今現在どうなっているのかさえ僕は知らないのです。
PECTを大事に思ってくださっているたくさんの皆様もきっと同じですね。すみません。もうちょっとお待ちくださいませ。
必ずお知らせさせて頂きます。

個人面談があるのは水曜深夜。そこで色々わかる予定です。
公式発表はそのもう少し?先。ごめんなさい。
CO*0 ] page top
DATE: 2005/12/06(火)   CATEGORY: 日々のデート
忘れられないこと
全日本プロレスの今年最期の興行は、菊タローが机にたたき込まれることで大いに盛り上がって終わっていったのですが、その時には全レスラーがリング上にいて、皆ニコニコしていて幸せそうなんですわ。
今年一年間をやりきった顔というかイイ顔で菊タローを見守っていて。
中でも佐々木健介の顔がよく見えていたのですが、試合中のラリアット一発じゃあびくともしねぇって空気からリラックスして優しい顔してるんですわ。

こんな風にいつまでも続いて行くのだなぁ。
CO*0 ] page top
DATE: 2005/12/06(火)   CATEGORY: 日々のデート
昨日の報告と劇団のこと其の弍
演劇とプロレスは似ているなと思った。特にPECTのやり方は。
若い時代に徹底的に身体を作り、物販、リングサイドで周りとの関係を結び、リングの上で相手を輝かせ自分も輝く。
小島聡や中嶋勝彦は、前回観た藤沢大会に比べて大きく成長している。横綱曙もきちんとプロレスをしていた。
武藤敬司や佐々木健介が育つと信じてぶつかり、小島や中嶋はそれに応えてきたのだ。それはとても美しいのだ。

また、全日本プロレスは一度崩壊の危機を迎えたことがある。ほとんどの選手が退団してしまったのだ。
しかし今も、全日本プロレスがこうやってたくさんのファンに囲まれているのは、残った選手やスタッフが全日本を愛し、ジャイアント馬場の魂を信じ、リングに愛を注いできたからの結果なのだ。

僕らは全日本を愛して残った選手たちの様に劇団を愛しているか?
小島聡や中嶋勝彦の様に必死で応えようとしているか?彼らは逃げ出したくなるようなトレーニングを耐えぬいて今があるのだ。そんなトレーニングなしに彼らプロレスラーは生まれたか?生まれるのかも知れない。けど、違んじゃないだろうか?
PECTは基礎訓練がキツイけど、卓球やウォーキングをやらない稽古場はPECTじゃない。それが出来るのがPECTの役者だと思う。

僕はPECTの役者になりたいと思う。SPIRALMOONでの僕はとんでもないものでしたが…
この古いやり方はありなんじゃないのか?
確かにホントにキツイけど。

同じように、楽天の三木谷社長やライブドアの堀江社長は本田宗一郎にはならないと思う。
CO*0 ] page top
DATE: 2005/12/06(火)   CATEGORY: 日々のデート
昨日の報告と劇団のこと 其の壱
夕方、大田区体育館にて中嶋さん全日本プロレスを観た。今年最期の興行をアリーナ席の3列目(!)で。

プロレスラーの仕事の数々はたまらなかった。オープニングからタカみちのくは舌好調だし、ディーロは観客の心を掴む事をプロレスの中でしっかりとこなす。武藤部屋の武藤と曙は存在感たっぷりで、カリスマと超巨体の「ぐぐっ」とくるタッグだった。曙もしっかり本気のプロレスやってた。最強タッグ決定リーグ戦優勝を決めたチーム3Dは、漂うオーラが違った。WWEでのタッグ王者にも輝いた二人の技のキレは凄かった。迫力満点。
目を見張ったのは、中嶋勝彦と小島聡。
中嶋勝彦は以前藤沢で観た姿と比べて頼れる男になっていた。指が折れて、固定しているのにリングサイドから「雷陣さん!」と叫ぶ姿。カッコイイなぁ。健介が「切れ!」と言えばすかさずリングインする勝彦。親子だなぁ。
小島は八人タッグマッチの中でもTARUと共に抜群の輝きっぷり。

ラストは菊タローが締めた今年の全日本プロレスでした。
CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/14(月)   CATEGORY: 日々のデート
下見
カフェラブリコを下見。
舞台監督/照明、音響、デザイナーさんと一緒に。
こんなところです、という紹介に留まる。

このメンバーで次は大忙しの日々。

CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/12(土)   CATEGORY: 日々のデート
下町ハイヂと11月のLoving
今日はSPIRAL MOONのトリ日。
1月の公演で重要な役割を担ってくれた人の芝居を観に行く。
下町ハイヂ(作・演出 坂本さんそ)
会場では1月の公演の舞台監督や820製作所の主宰、食卓縁の主宰などの顔があちらにもこちらにも。
顔見知りだった作・演出の坂本さん、舞台監督の方などに、挨拶をして、公演に足を運んでいただけるように宣伝も忘れず。
いい芝居になったのに、お客さんに観てもらえていなかったという事態だけは避けたいと思います。別の意味でも決して楽ではないSPIRAL MOON。せっかくなのだから一生懸命お客さんを呼ぶ地道な作業。

続いて、なぎさにゆこう。
残念ながら17時の公演には間に合わず・・・本当にごめんなさい。
19時からのLovingを観る。
食入って見る。見てしまう。
どうやって舞台に立つか?
スリルもあるし、美しさもあり、ユーモアもある。
SPIRALでいう「ピカン!」も散りばめられて、きらきらとした舞台、空間、物語。役者のピカンは同時にお客さんのピカンになっている。
お客さんは常に役者と同じ空間にいる感覚。
SPIRALでは全く同じではないが、ほぼ同じことが求められている。


CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/07(月)   CATEGORY: 日々のデート
打ち合わせで仕事の仕方を学ぶ
今日は飯田橋カフェラブリコにて、チラシをお願いしている方と打ち合わせ。
台本をお願いしている中屋敷君も忙しい毎日の睡眠時間を削って書いてくれています。

打ち合わせは軽く、全体像を掴んでいただく事に終始する。
そのうちの半分が、映画の話~機動戦士Zガンダム~アニメとオモチャ業界の話になってしまった(!)のですが、もう半分は真面目な話。
概要の概要を伝えていくだけで、あれこれステキなアイディアが浮かんでこられていました。「演劇の公演はこうあるべきだ」という理想のイメージがしっかりと浮かんでいらっしゃる。「その中で、僕はこれとこれと・・・」という考え方をされていました。
そう、まずイメージありき。理想のカタチがあって現実の制限の中でどれだけ実現するか、或いは思わぬ方向に産物を見出すかが大事なのだな。

CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/03(木)   CATEGORY: 日々のデート
並行しています。来年1月
来年一月の音響をお願いする方と「はじめまして」を新宿で。
とても礼儀正しく、気持ちよい仕事人という感じの音響さんです。
いい芝居にしましょうね、と諸々お話をさせていただいて、一時のお別れ。そして稽古へ。

それにしても、通常ギャラと呼ばれるギャランティーのお話は難しい・・・知識がないなぁ。
スタッフさんと関係を持つことは、普通に劇団員や役者をしていてもそう度々はなく、どんな経緯を経てこの現場にいらして下さっているかはわからない、知らないことがほとんど。
今日もSPIRAL MOONの稽古場にいらっしゃった照明の南出さんに「スタッフには招待券以外送っちゃいかんよ」というお話をいただく。・・・本当にスタッフさんのことを知らないのだと改めて実感した・・・

そんな南出さんに今日の帰り、車で送っていただきました。
ありがとうございました!
CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/02(水)   CATEGORY: 日々のデート
朝、「さよならクロ」を見直して泣く
新井浩文が観たくて、「さよならクロ」(監督 松岡錠司)を観なおす。
別視点で参考になる事も発見。
でも、それとは関係なく泣きました。
妻夫木聡とその後輩が言葉を交わす瞬間になんとも言えない感動。
「自信ないんすか?」って言っちゃうんですよね、高校生って。
伊藤歩にも泣いた。大好き。
CO*0 ] page top
DATE: 2005/11/02(水)   CATEGORY: 日々のデート
「青空のゆくえ」に続く池袋シネ・リーブルでした。「ヘイフラワーとキルトシュー」
ヘイフラワーとキルトシュー」(監督 カイサ・ラスティモ)を観た。
北欧はフィンランドから来た映画をモデルのSHIHOさんが監修・翻訳したものだから、それはとても可愛い作品になっていました。
北欧は昔住んだこともあったので、なんだか和む世界で、小さい頃にやってしまったことを思い出させます(そして、ちょっと恥ずかしくなる)。
ベッドの上で飛び跳ねたさ、人の家の本棚に登ったりもしたさ、なんだか神様も信じたさ。
是非ホームページも御覧下さい!
CO*0 ] page top
DATE: 2005/10/27(木)   CATEGORY: 日々のデート
学校行って打ち合わせ行って稽古場行って
タイトル通り日々充実です。
就職したら学校が会社に変わるのか。まだ実感が沸きませんが、周囲にはリクルートスーツもチラホラ。うぐぐ。慌てて夜中にリクナビと日経ナビと毎日ナビをチェックしています。

さて、午後は一月に使用させて頂くカフェにて打ち合わせをしました。店に向かう足はまだウキウキよりもドキドキが先行する。
実は、土日祝日は休みのコチラのお店ですが開けていただきます。ありがたいことです。本当に。担当者の方も演劇の好きな方で本当に助かります。いい芝居を作って、いい公演にしなくてはと帯を締めなおす気分です。
公演を打つってことはとても勇気のいる事です。
ウジウジ虫のついている僕には一歩を踏み出すことがとても重要です。何かをすることできちんとリアクションは返ってくる。それを信じてやっていくのです。
何かを信じているから何かができる。まず、信じることが大事なんです。
元プロ野球選手で、マサカリ投法で有名な村田兆冶は、ロッテ優勝目前の時に言った。
「観ている方がドキドキする。マウンドだったら自分を信じているだけだからね。」
凄く淡々とこんな事を言える所から凄さが窺えます。

稽古は順調。課題をひとつクリアーしたら次の課題に取り組むのです。差は開かせないぞ。
今日は、ステキなセット案を観て、更に想像が膨らんでいきます☆今回の美術を作ってくださっている田中新一さんは、役者もされていて、SPIRAL MOONの本番の一週前に本番をこなされて来ると聞いています。
色んな役者さんやスタッフさんがそれぞれの事情を背負った上で、公演を成功させようとしてくださっている想いを改めて実感します。押忍。
報告です。劇中劇の配役でやりたい役を取りました。よしっ!
頑張ります、楽しみます。
改めて皆様、是非いらして下さい!
CO*0 ] page top
DATE: 2005/10/25(火)   CATEGORY: 日々のデート
一人芝居も着々と。
新たに人を紹介していただいたり、ご協力の声をいただいたりしています。
ありがたい限りです。
まだまだ不揃いではありますが、じっくりと大きな野望を育てて生きたいと思います。

SPIRAL MOONの稽古場には先週末の舞台に出演された、星達也さんが登場しました!
常にマイペースな印象の星さん。
それは芝居をしていても、独特のテンションの張り方がある感じです。ふとした瞬間にすっごいリアル、「あぁあ~・・・(納得と笑)」を感じさせてくれます。
それでいて芝居の上での仕事をこなしていく。

今回の役ですが、芝居を転がしてく役目を担いつつ、背負いつつ、渦巻きつつ・・・とにかく、頭と体とフル回転させて、テンションを張りながら舞台に立ちます。

早くダイレクト・メールを届けられるよう頑張ります!
少々お待ちくださいませ!
CO*0 ] page top
DATE: 2005/10/24(月)   CATEGORY: 日々のデート
法大二劇
法大二劇のお芝居を観る。
当たるとか当たらないという捉え方があったとしたら、
そこにも辿り着かない感触。

内輪でやることの恐さを感じた。
来年一月と比べ、規模の大きさで言えば、あまり変わらない公演規模。
どうにだってできる。
よくすることだってできるのだ。
CO*0 ] page top
DATE: 2005/10/23(日)   CATEGORY: 日々のデート
週末の観劇をまとめてお届け
かやくごはん「不感症の夜」(作・演出 花村宗冶)@シアターサンモール

次回共演者の星達也さんの出演する舞台。
舞台の上の星さんはほとんど見たことがなかったので、観ながら想像を膨らます。あぁ、面白くしたい。

続いて、カラフリャー「FLY ~ 大空で手をつなぐ方法」
(脚本:ツカダマサト 演出:澤麗奈)@新宿パンプルムス
しかし、観れずでした。有り得ないことに劇場に入る前にPRONTOで一人作戦会議をしていたら、徐々に吐き気が・・・
劇場に一番で入ったが、中は明らかに換気が悪い・・・音を立てて近づく吐き気・・・なんじゃこりゃあ!!!!
誠に失礼ながら、帰りました(涙)

帰ってDM作業。
お客様を呼ぶってことに関して、カラフリャーの長谷川さんは貪欲。執念さえ感じる。わかったから行くよぉ~と最終的に落とされる。この執念は見習わねば。
先日のなぎさだって、人がいないよりもいた方がいいに決まっている。
うしっ。集客頑張ります☆
CO*0 ] page top
DATE: 2005/10/22(土)   CATEGORY: 日々のデート
7の椅子
7の椅子「2」(作・演出 徳永勝仁)
「最初の晩餐」のヒロイン、山本亜希さんの舞台。
短編を四本上演して計2時間位の舞台でしたが、お腹いっぱいになるほどのボリューム。脚本も巧みだし、役者さんはそれぞれの役割/キャラクターをはっきり背負って、舞台に立っていて、チームワークの良さを感じます。そして、単純に皆さん格好いい。短編四本でキャラクターも変わればキュートさも変わる。・・・役者ということ。
この滲み出るチームワークはSPIRAL MOONに持ち帰らなきゃ。一緒だけど、役割がある。・・という状態を持っていかなきゃ。
CO*0 ] page top
DATE: 2005/10/18(火)   CATEGORY: 日々のデート
唸る。
ナハトムジークを読み返すたび、より明確にお芝居が伝わってくる。
逆に言うとこれくらい読み返さないといけないですね。
以前から貼っていた付箋紙を貼りかえたりする。
もっと綺麗に貼ろう等、そういうところからも気を使うことにします。
なぎさ~に負けない勝負をしたい。

で、唸る。台本を読んでうんうん唸る。

参考の映画も観る。おぉ・・・!
うんうん・・・・うんうん。
CO*0 ] page top
DATE: 2005/10/16(日)   CATEGORY: 日々のデート
なぎさにゆこう~The Loving ジャンプ力
10月10日の稽古場見学以来のThe Lovingです。

The Lovingという二人芝居はカフェレストランバーCLAJAという場所で10月と11月は公演いたしますが、なんとも恐い場所。
何が恐いかと言いますと、舞台がなくテーブルとテーブルの間の空間が演技空間になっていまして、客席との距離が異常に近い。つまりお客さんやその空間から逃げ、集中が切れた瞬間にそこは舞台空間からカフェレストランバーに大変身。容赦ない空間なのです。
野球で例えるならば、マウンドで攻めの投球ができなくなった瞬間に一気に大量失点してしまう場所です。二人芝居だから立て直すのは自分たちのみ。リリーフもストッパーもいないのです。

そんなマウンドで先輩方はもちろん、大川や井上も投げきった。無失点ではなかったにしろ、前回よりも確実に投球内容が良くなっていた。
素直に悔しいし、最後まできちんと観た。
お客様には是非何度も観ていただきたい作品です。一度作品を観ると芝居の構造がわかるから、新しい発見やそうじゃないだろ役者ぁという気持ちになって楽しめるかと思います。viva la PASSPORTです☆
しかし、なぎさ~メンバーに嫉妬してしまいます。
こんなに役者に取り組んでくれるのだ。作品を創り上げるという点ではPECTの公演と変わらないけれど、最終的な料理の仕上げは演出か、役者かという点で大きく異なっています。その重さに堪えるのは個々人の精神力だ。
打上げは終電で帰りました。「悔しいだろ?」って言われなくても悔しいですから!!
これから僕はSPIRAL MOONの作品を創り上げる一員となる。
様々な場所から創り上げるために役者さんが集まる場所に行って来ます。そこで受け取るモノはもちろん受け取るしあげれたらいいと思っていましたが、プラスPECTの役者としてのモノを別で成長させたい。SPIRAL MOONに甘えに行く訳ではないので、欲しいモノは自分で手に入れるのです。という決意をする10・16。
CO*0 ] page top
DATE: 2005/10/15(土)   CATEGORY: 日々のデート
法政大学一劇
法政大学一劇’05
「アングル」(作・演出 荒木貴之)@シアターバビロンのながれのほとりにて

高校の後輩の芝居を久し振りに見ました。劇場には同じく後輩もちらほら。
それぞれがそれぞれに芝居を続けたり、やめたりしている現状。
僕は一劇に新しい仲間を求めてきました。
さて、どう発展するか?
可能性はなくはない。
CO*0 ] page top
DATE: 2005/10/12(水)   CATEGORY: 日々のデート
明日、初日!~なぎさにゆこう「The Loving」
明日からです。
なぎさにゆこう 「The Loving」(作/白土硯哉(Project ONE&ONLY) 演出/中嶋比呂嗣)

♪BLOG check♪
智三郎の散歩道/大川智三郎
つぐみのあたってくだけろ!/井上つぐみ
つつみその子のはぐくみ日記/つつみその子

15日(土)19時~&16日(日)19時~の公演後には「Theater after9」という特別ミニシアターも御座います。こちらにも御期待くださいませ。
CO*0 ] page top
DATE: 2005/10/10(月)   CATEGORY: 日々のデート
稽古見学
なぎさにゆこう「The Loving」の稽古を見学しに湘南まで。
少人数で稽古をするのでいつもと違う苦労もある様子。PECT一年目の井上つぐみもその一人。先日からblogのタイトルも変わり、なぎさチームは最後の追い込みに大忙しです。
通しを見学して、美しく繊細なストーリーと高度な演出に興奮!
この見学を自分のためにして行こう。
稽古場は大切なのだ。
CO*0 ] page top
Copyright © ビーチフラッグ!!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。