ビーチフラッグ!!
役者 和田和馬の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
8/12
こういった一個一個の奇跡がいい芝居を創ってるって信じる。
一日に起承転を通すこと二回。この一日でいろんな事が進化したはず。

午前中、昨日のなかじ一喝から朝の時間の使い方の変化を期待して入るもぐだぐだと始まらない。自分たちでバリバリ自主的に動いて、一声でびしっと始められなきゃ!と朝輪。次から変わろうや!
遅刻してきて稽古着を忘れた子に全員が呆れるも、何も言わない子供たちに呆れて、昨日の言葉は何?ぶつかるってどこいったん?
遅刻の子は芝居もダンスも遅れてる。この子をどうにかしなくちゃな状況ってのはわかってるはずなのに…遅刻した子はどうしてもこどもなので、ごくごく当たり前のことを諭す。ちょっと泣いて少し変わったかもと思う。今までと少し違う夜輪が聞けたし。

二回の内の一回目の通しは最悪だった。朝から見てた通りに全く変化なしの通し。いや、むしろ悪いじゃんか。主演のチュチュが何も変わっていないし。何が変わってないって、一声目の台詞で全てがわかってしまう。芝居は本当に怖いもんだなと思う。主演って物語全て(核)を背負うことなんだな。厳しいとこにあなたはいるんだね。

30分程度の自主稽古を与えて迎えた二回目の通しは奇跡を見た。
こんなにも!?
別人がいたんです。ホントに。
何一つ抱えられていなかった一回目が嘘のようだった。
なんてパワー。
代役として立ちながら、鳥肌がたった。

こんな奇跡の積み重ねをしていい芝居が出来てく。そう信じられたら、楽しみになったし、もっっっと頑張ろうって、一個でも多くの奇跡をおこしてやろう!(偉そうに笑)って思った。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © ビーチフラッグ!!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。