ビーチフラッグ!!
役者 和田和馬の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
OGの言葉
OGが集まってきてくれた今日の稽古。
そんな中、なかなかスルスルとは進まない稽古。稽古ってもの自体がそうスルスルといかないものとは分るんだけど、いかんせん日曜日に通しがあると、焦る。
演出を、脚本を、音響、スタッフ仕事を任されたコーチは焦る。でも、メンバーと共有できていないのは何故だろう。
でも悩んでいる間に本番は日々近づいてくる、だからコーチたちなりにも真剣に芝居を作り引っ張る、引っ張らなくちゃ・・・でも一緒の意識の中にメンバーはいない。・・・焦る。
いかんせん、皆と一緒に芝居するのが好きな部分のある甘ったれ和田和馬は思う部分があるのです。
でも、結局は半分強引に引っ張ることも役割で、ガッツ出して乗り越えていくのです。

ただ、今日OGが来て言われたことは心底凹んだ。
「演クラじゃないみたい」
「私たちは毎日来るのが楽しくてしょうがなかったよ」
コーチが一生懸命にならなきゃいけない、ならざるを得ない部分はあるし、時間の問題もあるし、今と昔の体制の違いとか、最期ってのもある。
だけど、だとしても僕らは芝居を焦って作ることに一生懸命になりすぎて、メンバーのことをまったく見ていないんじゃないか?
彼女たちの良さは、うまい芝居をさせることで出てくるものじゃない。
絶対違う!
和田の知っている彼女たちの良さは、別ものだ。それを信じよう!

中学生が大学生に、十歳も大人の人間に怒鳴られたらどう思うか?
僕らだったら、晩餐でお世話になった英次さんやいさおさんに当たるくらいの人間に怒鳴られたら・・・
彼女たちはこのままじゃ辛すぎる。

稽古後、ミスドでピリピリとミーティングをしながらも、三人で変わろうと決意する。
甘やかすなんて意味じゃない。
一演劇人として関わっていくしかない。

今日コーチは合宿します。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © ビーチフラッグ!!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。