ビーチフラッグ!!
役者 和田和馬の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
7/30中間発表
朝からフォンテに入るも、生徒とはほとんど言葉を交わさずに黙々と作業に耽る。
心は既に生徒の今奮闘している場所から、次のステップに進むことに向かっています。

中間発表には、OGも。馴染み(こちらの勝手なね)のある顔やはじめましてまで。ありがたいです。よね?(塚ちゃん)

芝居の方は、皆で一気に練習した昨日が活きて一昨日よりもよくなっていた。
鮮明になった落としポイントは全体。
そこには自分たちがやってきたことがまんま反映された。いかん。芝居として否。これじゃあ僕も昔やっていた高校演劇を見ている時と似た辛さを感じちゃう。良い感じの子がいるのに…
なかじ評価は『20点』
尺予想もくっきりはっきり間違えて、ああ芝居が見えてないってことか。
台詞覚えや気持ちの流れや会話、仲間意識や個人作業みたいなところでおさまっていた僕らは演出家としての要素が大いに欠けていたんです。
始まりのシーンが出来ないから全体が出来ないんじゃない。全体が出来ない(構成がない)から次のシーンに進めない…とみたいなことをどこかで聞いていたことを思い出した。

役割。
それぞれの役割が役にはあるのだが、シーンで役割を果たしているなぁと思っていたメンバーも芝居で見ると、一期の芝居の良さが掻き消されてた。

ダメなポイントはわかった。
あとは良くなるだけというなかじの言葉にいつもより張りのある声で返事をしていた皆が印象的だった。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © ビーチフラッグ!!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。