ビーチフラッグ!!
役者 和田和馬の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/06/29(木)   CATEGORY: 日々のデート
疾走
疾走」(監督:SABU)
SABU監督らしい疾走感のある映画でした。
重松清の疾走(上・下)の映画化です。

ヤクザ、差別、裏切り、事故、兄の発狂、父の失踪、母の失踪、いじめ・・・・
取り上げられるマイナスの要素は「害虫」を凌駕してます。
ラストに掛かってくる電話が何か救いであるような、そうじゃないような。
子どもがいても嬉しいような嬉しくないような。
とても素晴らしいことなのに。
「なんでにんげんは死ぬの?」と純粋に思っていた少年が「誰か一緒に生きてください」と残すまでの苦悩と成長(と犯罪)の物語。

テーマ・内容も重いんだけど、どかーーん、ずどーーんって早い。疾走感。大砲。
NEWSの手越君って知らなかったけど、いいです。
ドラマとかよりも映画向きな感じ。
ジャニーズとは思いませんでした。

特筆すべきは、韓英恵(かん はなえ)。
どう考えても中谷美紀は完璧だと思いましたが、あえて韓英恵。
「誰も知らない」にも出演した女優さん(少年を気にかけている同級生)。
なんとなく見た事あるなぁ位でしたが、すばらしい存在感。
超可愛くて、ダークでクール。


「害虫」が嫌いな僕に、この映画はノーセンキュー!です。
やはり「嫌われ松子」は観に行かないべきなのかもしれないです。

でも。いい映画でした。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © ビーチフラッグ!!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。