ビーチフラッグ!!
役者 和田和馬の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/06/19(月)   CATEGORY: 日々の散歩
コートジボワールとドログバ
doroguba.jpg


ドログバ選手を擁するコートジボワールが予選敗退

何試合か見た今回のW杯の中で、一番感動しました。

W杯が始まってから、サッカー選手のインタビュー記事を見かけることが多くなりました。
サッカー選手のインタビューはどの選手も、聡明な印象。
自信にプレッシャーをかけるような言葉をもハッキリと口にしますね。

もちろんドログバ選手も一緒。

ベスト4を目指したものの、結果はオランダに1-2で敗れてしまい・・・

このチームの注目は、名実共に世界トッププレイヤーのドログバ選手のみ。
“ドログバとそのほかの10人”とさえ評されます。

でも実際は、チームが一丸となって勝利を目指していて、全員がかっこいい。

コートジボワールは、北部と南部で内戦による経済格差が生まれています。
北部はひたすら貧しくなり、南部は富んでいく。
そんな中、「サッカーに政治は関係ない」と声を揃え、母国に勇気を与えるため、W杯に参加しているのです。
強い想いを共有したチームなのです。

ロスタイム。
決してスローイン(横の線からボールを投げ入れること)をする選手ではないドログバが、必死でロングスロー(ゴール前まで一気に投げる←30mから40mくらい)を投げ入れる。
その姿に、心から応援していました。

結果は敗れましたが、最終戦を飾って欲しい!
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © ビーチフラッグ!!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。