ビーチフラッグ!!
役者 和田和馬の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/12/06(火)   CATEGORY: 日々のデート
昨日の報告と劇団のこと其の弍
演劇とプロレスは似ているなと思った。特にPECTのやり方は。
若い時代に徹底的に身体を作り、物販、リングサイドで周りとの関係を結び、リングの上で相手を輝かせ自分も輝く。
小島聡や中嶋勝彦は、前回観た藤沢大会に比べて大きく成長している。横綱曙もきちんとプロレスをしていた。
武藤敬司や佐々木健介が育つと信じてぶつかり、小島や中嶋はそれに応えてきたのだ。それはとても美しいのだ。

また、全日本プロレスは一度崩壊の危機を迎えたことがある。ほとんどの選手が退団してしまったのだ。
しかし今も、全日本プロレスがこうやってたくさんのファンに囲まれているのは、残った選手やスタッフが全日本を愛し、ジャイアント馬場の魂を信じ、リングに愛を注いできたからの結果なのだ。

僕らは全日本を愛して残った選手たちの様に劇団を愛しているか?
小島聡や中嶋勝彦の様に必死で応えようとしているか?彼らは逃げ出したくなるようなトレーニングを耐えぬいて今があるのだ。そんなトレーニングなしに彼らプロレスラーは生まれたか?生まれるのかも知れない。けど、違んじゃないだろうか?
PECTは基礎訓練がキツイけど、卓球やウォーキングをやらない稽古場はPECTじゃない。それが出来るのがPECTの役者だと思う。

僕はPECTの役者になりたいと思う。SPIRALMOONでの僕はとんでもないものでしたが…
この古いやり方はありなんじゃないのか?
確かにホントにキツイけど。

同じように、楽天の三木谷社長やライブドアの堀江社長は本田宗一郎にはならないと思う。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © ビーチフラッグ!!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。