ビーチフラッグ!!
役者 和田和馬の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/05/31(水)   CATEGORY: 日々の散歩
五月の終わり。就職活動日記、みたいな。
カテゴリー、どうしようか。
まぁ、いいか。タイトルも修正しました。

就職活動も終盤戦と捉えています。
今日はざっくり就職活動の振り返りです。

就職活動は2月から始めました。
相変わらずののんびり屋のマイペースくんだったので、興味のある会社だけを回る日々でした。

4月に入ると、面接・選考が本格化します。
それでも、前半はバイトを織り交ぜながらやってました。
周りでは、早々内定をもらってキャッキャッする人もちらほら。
中旬に学校が始まると、
「え?あいつも!?」「あの子も!?」
わぉ・・・みたいな。
早々と志望企業を落っこちた僕は、パソコンに向かってとりあえず毎日を説明会で埋め尽くすところから始めました。
志望業界だけに限らず、色んな会社を見ました。
日本●ばこ産業の方に、
「とにかく色んな会社を見て、社会を知る機会にするといいよ」
その言葉を信じて、実行に移したのでした。

とにかく煙草が大好きな人でした。
他の社員さんからは尊敬される一方、ちょっとうざがられる位に・笑
就職活動においての大恩人です。
J●は落ちましたけど・・・

とにかく回りました。
四月の後半に差し掛かるところからは、就職活動だけでスケジュールを真っ黒にしてやりました。どうだスケジュール帳め!
200601120629000.jpg


洋服の●山とか、●進ハイスクールも回りました。
無駄足だったな、と思いつつもちょっと学んだからOKみたいな感じ。
大学の友人の言っていましたが
「説明会って“タダ”なんだよ!?利用しなくちゃ!!」
激しく同意!!

ごちゃごちゃの志望業界のまま、とにかく前進。
でも、どれもやりたいと思っています。
全部理由言えます。

五月も終わります。
早く決めたいけど、焦る必要もないか。
うん。
達観せず、よく考えてやらなくちゃ、だ!

スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/29(月)   CATEGORY: 携帯電話から
報告です。
先程、内定の電話をいただきました。
丁度、大学で鞄の中身を整理していたところでした。
食い扶持を繋いだ感覚です。
まだまだまだ先があります。

PECT解散以来、最初の週始めでした。
CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/29(月)   CATEGORY: 携帯電話から
渋谷の蘭鋳
20060529183025
夕方、渋谷の蘭鋳(カフェレストランバー)でエントリーシートを書きました。
バータイムになると、照明が落とされ各テーブルにはランプが配置される。

エスニックと昭和っぽい西洋が折衷されたような、不思議だけと居心地がたまらなくよかった。
バランス感覚の素晴らしいお店でした。
隠し扉の様なトイレも遊び心もありました。おしぼりからはジャスミンが香ってました。
ふかふかのソファーの前っ面に座ってエントリーシートを書いていたのでした。

今までで一番集中していたと思います。
環境のおかげだけじゃないでしょう。
土曜日に、ぅぐぐっとちょっと泣いたおかげもあると思います。
CO*0 ] page top
DATE: 2006/05/29(月)   CATEGORY: 最初の挨拶
三度目のご挨拶
お久し振りです。
和田和馬です。

今年の1月9日に一人芝居を打って以来、舞台には立っていません。


  これが始まりなのだ。
  ここから和田和馬って役者がもう一度始まるのだ。


9日のブログにはそう書いてありました。
本心でありました。
これからもずっと芝居と、生活のできる程度のサラリーを稼いで生活していくのだ、と思っていました。

でも、です。
100%それでいいのか?と聞かれたら、少なくとも僕はYESと答えられなかったと思います。

簡単に二月からの流れを御報告しておきます。
2月、稽古開始の一週間前に「まどろむ魚」への不参加を決め、多大な迷惑をかける
3・4月、就職活動 3/31~4/2 Project ONE&ONLYのお手伝い。
5月、「まどろむ魚」本番。お手伝い。
5/27 P.E.C.T.解散

現在は就職活動をしています。
結構楽しんでやっています。
仕事のやりがいや、企業というものの面白みも感じています。
もちろん、その会社が好きだけじゃ、クビになっちゃうのだろうけど。

芝居から離れてみて、やっぱりもう一度やりたいと思います。想いは捨ててはいません。
仕事を始めて、きっと1年か2年経った時に、仕事をやりながら芝居をするのか、仕事を辞めて芝居をするのか、はたまたもう一生舞台には立たない可能性だって僕にはあると思っています。

ただ、今の僕は選び直して、こうしています。
「役者が本気で仕事をやろうとしている」
と思っていただけたら幸いです。
和田和馬blogが復活したのは、そういうことなんです、きっと。

では、今後ともよろしくお願いいたします。


和田和馬
CO*0 ] page top
Copyright © ビーチフラッグ!!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。